レッドバロン 事故車買取|なんといっても面倒な手続きは

私のいるところは辺鄙な所で、車を買い取るだけをやられているショップはありません。買い取ってくれるのは、クルマのディーラーかガソリンスタンドだけです。

約5年ほど乗ったクルマを売却した時ですが、手間もないので近くのお店で査定をお願いしました。その査定結果ですが、丁寧に扱ってきた車でしたが30万ほどの見積もり額に愕然としました。

そこで、ネットで頼める一括査定サイトで算定してもらったところ、想定以上の値段で売ることができラッキーでした。一括査定依頼で来てもらうことになった2社は、何れもネットやテレビCMなどでお見かけする車買い取り業者でした。私もそうは休めないので、時間を区切って査定に来てもらうことにしました。午後に来られた業者の方は活気のある方で、この車のこのカラーを欲しいという人がいるのですぐ買い取りたいと言われました。気になる査定額は40万円と10万程度のアップでしたから、その業者さんに引き取ってもらおうとすぐに決断しました。このスタッフの方は買う気マンマンだったらしく、もう一人も来ていたようでそのまま乗って帰られました。

手間がかかると勝手に思っていましたが、地元で手続きするより手間がかかりません。なんといっても、面倒な手続きはだいたいやってくれますし、比較して10万アップになったし、ネットで査定を依頼してとってもお得だったと思います。

レッドバロン 事故車買取|これは満足いくわけもないので

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。職場の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、よくて20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純に計算すると、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売却するはめになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く感じではありませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もしもホントに売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.