事故車買取査定|ただ初めての事だったので

それまで乗っていた車を乗り換えることになりました。私はクルマの買い替え時はディーラーでの下取りをやってもらえばよいと思っていますが、他にも方法があるのだという事を気が付きました。それが無料の査定比較サイトでした。ただ初めての事だったので、何がどうなのかわかりませんでした。インターネットで一つ一つ調べながら、やっていきました。まずは人気のありそうな無料の一括査定サイトを調べてからだと知ったので、このサイトを調べて、そこで一括査定を申し込みました。そして次に結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを決めることになりました。

これまで親父がマイカーを買い替えしているのは見ていましたので、どれくらいの価格で売却していたのかは判っていたと思います。私の乗っていた車の走行距離や年式車体の状況などから、それほどは高く査定してくれないと考えていましたが、現実を知らなさ過ぎました。思っていた以上の高い査定額になりました。

そこで試しに下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーまで行って聞いてきました。その査定額は、買い取り業者の下の方と同じような査定額でした。しかし多くはそれ以上の金額で買ってくれるという業者があったので、その買い取り専門店にお願いしました。

初めてだったけど、順を追ってやっテイクだけで、私でも簡単に手続きなどを済ませられました。高値で引き取ってもらうことができた関係で、車を買い替える時の出費に充てることができたので私としてはやってよかったと思っています。

事故車買取査定|20万とのことです

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、せいぜい20万とのことです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で失ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かりました。そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送代を取られてしまいました。もしも売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.