事故車買取相場|最初は76万の業者に

新型の発売に合わせて、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていたのです。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。結局下取りはやらないことにして、買い取り専門店に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていました。3社に見積もりを出す理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判るからだと思います。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考的なものであり詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、土日に集中的に査定を受けることにしました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高額の金額を出してきました。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、76万円の業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

事故車買取相場|その結果26万円で買い取って

売却した車は少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万円で買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。ですので、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.