事故車買取 はなまる|準備をしていなかったようです

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を探していましたが、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放したくなりました。まずは近隣の車買い取りショップに出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。単純に計算すると、半年間で約50万も失ったことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ることになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

事故車買取 はなまる|次に査定をしに別の会社の方が来ましたが

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ただ素人の私には乗っている車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.