事故車買取 ラインナップ|チョット待ってほしいといわれました

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、色々と入力し通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

事故車買取 ラインナップ|手放したくなりました

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で手放したくなりました。家の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。それでも44万円減ったことには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ることになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そのため、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、はじめからそう言っておけば良かったと少し後悔しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.