事故車買取 下取|ボディの艶を出すような

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分が白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロボロな車に見えてしまいます。一応洗車をして査定に持って行った所、やはりボンネットのあの部分が買い取り査定額に影響があるようです。

ショップに行って目立っている白い部分を戻すような方法を探したところ、ボディの艶を出すような商品を見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。母親から新車にしたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再び買い取りのための出張査定見積もりをやったところ、前回よりはるかに高額になりました。年数も経っている車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気になっていた部分も特に指摘もありませんでした。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、今まで以上に綺麗にすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、できるだけボディをきれいに見えるようにしておきましょう。ボディに白っぽさを感じたら、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定見積もり額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを考えてみて、お得そうだったらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

事故車買取 下取|全て出張査定でお願いしています

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、多いわけでもありません。買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが私のような素人には今の車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.