事故車買取 廃車|手放すことになる日は必ず来ます

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社に売却したいものです。でも素人には今の車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、色々と入力し通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

事故車買取 廃車|試しに査定してもらうことにしたところ

私が住むエリアはかなりの田舎で、中古車の買い取り専門でやっているお店はありません。買い取ってくれるのは、ディーラーさんか中古車販売しているところです。

5年くらい乗っていた車を売却した時、面倒だったので近くのディーラーで見積もり査定をしてもらいました。その結果、可愛がって乗ってきた愛車が30万円という査定にビックリしました。

そんなわけで、ネットを使って査定サイトで試しに査定してもらうことにしたところ、予想以上の金額で買い取ってもらえました。ネットの一括査定の依頼で査定を出張でしてもらうことになったのが、どちらもインターネットやテレビなどで見たことのある買い取り業者でした。そうそう休めないので、午前中に1社午後に1社と時間差で査定に来てもらいました。

午後に来てくれた業者のスタッフが活気のある方で、この車種のこの色を求めている人がいるので査定額も勉強しますとアピールしてくれました。買い取り額は40万オーバーで10万も増えましたので、そのスタッフさんに売ろうと即決しました。そのスタッフさんは出来る方みたいで、輸送用のクルマのを手配して来ていたようでそのまま持って行ってもらいました。遠くだと手間がかかると思っていたのですが、地元で手続きするよりも手間は少なく感じました。メリットとしては、手続きなどはだいたいやってくれますし、その上相場以上の価格で、ネットの一括査定を使ってとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.