事故車買取 東京|最初は76万の業者に

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていたのです。これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りは止めることにして、買い取り専門業者に売却しました。

車買い取りサイトで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判るからですね。サイトでの評価額は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。査定に必要な時間は1時間程度と言われたので、土日など休みの日に査定してもらいました。査定してもらった結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の見積もりを提示してくれたのです。ネットでは68万円という査定額だったのですが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、78万円まで増額してくれたのです。

事故車買取 東京|もしもホントに売るつもりならば

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年で手放すことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く手放すことになっていた可能性もあっただけに助かります。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。そのため、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.