事故車買取 業者|撤退されてしまいました

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えてコストダウンを図るのが目的でもあったので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。この車は新車で購入し、49か月目ですから、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。ですが私のような素人にはこの車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

事故車買取 業者|なっていたかもしれないのですから

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、半年少々で買い替えを考えました。家の近くのクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取っていただきました。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却するはめになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。その為、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.