事故車買取 説明|査定を受けることにしました

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、買い取り業者と比べると15万程度も離れた額になっています。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。8社で査定を受けたのですが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。初めは一番高い額の買い取り業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトには少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからですね。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定を受けることにしました。目視での査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高金額を出してきました。ネットでは70万を切った金額だったのですが、5万以上高い業者がいることを伝えると、78万弱までアップしてくれました。

事故車買取 説明|しかし44万円のマイナスには

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売ってしまうことになりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年50万程度も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。そのため、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.