廃車買取 リサイクル|1回目の車検後1年経過

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

廃車買取 リサイクル|いづれにせよ思い出が蘇る気分です

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では予想に反して、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、大切に扱う習慣も関係していると思います。私が思うに、日本の車は世界一と信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、もしかすると海外で活躍するのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.