廃車買取 奈良市|自分の乗っていた自動車の

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、いくつか入力してからネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、OKを出しました。

廃車買取 奈良市|査定をしてもらったところ

前に乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定価格に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができる商品を見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とても綺麗になりました。隣のおじさんにはいくらかかったと言われました。

再度買い取りしてもらうための査定をしてもらったところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、考えていたよりも高く評価されました。無論色についても問題なかった様子でした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層ピカピカにすることができたのが嬉しかったです。車買い取りを依頼する時には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額が上がるかもしれません。査定価格の上昇と艶を出すためのグッズ代と手間を比較するなどして、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.