廃車買取 新潟|より多くの査定額を提示してくれる会社に

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく台数をへらしてコストを減らそうというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車の査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

廃車買取 新潟|あまり出回っていない珍車を売却したら

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報では予想に反して、珍しいクルマは高く買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産の車ですが、この車も外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても使って貰っても嬉しいです。クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を買いたいと思っている人がいて、買いと売りがバランスよくなっているんだなと思いました。

日本では、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.