廃車買取 札幌市|最初に来てもらった会社は

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

廃車買取 札幌市|売ることに

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で手放したくなりました。家の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。これを計算すると、半年で50万円も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万円の差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く売ることになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような考えではなかったようです。ですので、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もしもホントに売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.