廃車買取 横浜市|2台目として所有していた

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売ることになり、買い替えせずに車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、色々と入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

廃車買取 横浜市|日本のクルマは世界で一番と

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で売ることができました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットでチェックしたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売却できるとあったのです。ただそれは海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.