廃車買取 茨城県|見積もりをしてもらいました

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費節減をするというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、平均的だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

廃車買取 茨城県|今回売った車も日本製の車ですが

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使用していたからもあり、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回売った車も日本製の車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

車買い取りの際は、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時にはクルマを買いたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

豊かな日本において、今後も良質な中古車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.