廃車買取 資源|失ったことになります

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、喜びもつかの間、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売却することにしました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純に計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万となりましたので買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助かります。このまま買い取りしてもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。その為、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もしも売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

廃車買取 資源|そのスタッフさんは

私の住んでいるところは結構ないなかで、自動車の買い取りだけをやられているショップはありません。買い取りできるのでは、クルマのディーラーか中古車を販売しているお店です。

約5年ほど乗ったクルマを売った時には、どこでも同じだろうと地元で査定してもらいました。ですが、丁寧に扱ってきた車でしたが30万円ほどの査定金額にガッカリしました。

ということもあり、ネットで頼める一括査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、想像以上の高額で売ることができました。無料の一括査定で査定をお願いすることになった2社は、何れもネットやテレビなどで有名な車買い取り業者でした。空き時間もそれほどないので、午前と午後に分けて見積もりしてもらいました。

後半に来たスタッフの方が活気のある方で、この車のこのカラーを探している人がいるので査定も頑張りますとアピールしてくれました。査定の結果は40万円と10万円アップだったので、その方に売却しようとすぐに決断しました。そのスタッフさんはとても段取りが良く、大きな輸送用の車で来られていたみたいでその場で手続きをして持っていきました。

手間がかかると勝手に考えていましたが、地元で手続きするより手間は少なく感じました。なんといっても、手続きなどはみんなやってもらうことができ、売却額も高くなるなど、ネットで査定を依頼してとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.