引き 取り無料 本舗 廃車買取|平均的な走行距離です

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ですが私には乗っている車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

引き 取り無料 本舗 廃車買取|思っています今回の買い取り依頼した車も

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取ってくれました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そこの情報ではその通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気の車が高値で売れやすいとありました。ただそれは特に外国においての話でした。日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と思っています。今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。それが国内であっても活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかすると海外かもしれず、どこであっても子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.