故障車買い取り|31万円から76万円まで

新型の発売に合わせて、買い替えのためにマイカーを売却しようと考えていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になっていたのです。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者にお願いすることも考えましたが、このサイトには少なくとも2社できれば3社には無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。

3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土日に集中的に査定を受けることにしました。査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、5万以上高い業者があったことを伝えてみると、78万になったのです。

故障車買い取り|よく見かける車や

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で売ることができました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼しています。

今回売った車も日本製の車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや次の運転手を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時には中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.