故障車 廃車|濃い色の車だったのですが

前に使っていた自動車は、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立って安っぽい感じの車に見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、ボディの一部の色が査定価格に影響があるようです。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、ボディはとてもきれいになりました。親父からは新しく車を買ったのかと言われた程です。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。ボディの色なども問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、今まで以上に綺麗にすることができたのが何よりよかったです。

自動車の買い取りを利用する前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定額がアップすることとつややかにするためのグッズ代と手間を計算してみて、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

故障車 廃車|助けられたとも言えます

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放すことになりました。まずは近隣の自動車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。単純に計算すると、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円となり引き取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。それでも44万減った事実に違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売却することになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。そういったこともあって、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.