故障車 牽引 赤い布|新車で購入し49か月目ですから

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。でも素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

故障車 牽引 赤い布|売却することに決めました

就職も無事決まったので、親がクルマを買ってくれました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、このクルマに乗って毎日通勤していたのです。先日本社への転勤が決まり、車をもっていくかどうかで頭を悩ませてしまいました。

都市部以外であれば車は、持っていないと必ず困ります。ですが交通もが優れている都市であれば、クルマを持っていなくてもさして生活に影響や支障が出る要素はありません。おまけに駐車場代や管理費まで考えると、金銭的な負担が大きくなるので今回をキッカケとして売却することに決めました。

自宅近くにあった、有名な買い取り専門店の店舗があったと思いだしたのでそこに持ち込んで、査定してもらいました。予想していたよりも安い金額がつけられ、ショックのあまりそこでは売らずに、他で高く買ってくれるところを探そうと思ったのです。

するとネットで査定できるようなので、すぐに査定をお願いしたのです。車種や年式走行距離など入力してボタンを押すと、複数の買い取り専門店が査定額を算出してくれます。一括で申込できるので、手間や時間を大幅に節約出来るのも魅力的です。こうして調べてみましたが、一番高値をつけてくれた買い取り店があったので、そちらに売却することにしました。

複数業者の査定を受けたのでもらった金額とは大きな差がありましたので、ネットの査定サイトを利用してとても助かりました。交渉もできたので、思っていた以上の高額で買ってもらうことができました。車を売却する際はぜひ、ネットの無料一括査定サイトを利用することをお勧めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.