東日本大震災 廃車買取 東京|所有する車の台数を減らして

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。でも素人には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

東日本大震災 廃車買取 東京|一括の査定を依頼してみたところ

長い期間乗ってきましたクルマを、もうすぐ来る車検のまえに売却することになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、別の車を運転してみたいというような感覚が強くなってきたからです。

これまでに比べて、燃費の良いクルマが多いのでガソリン代も節約できてOKです。出来れば高値で買い取って欲しい、そんな思いでいましたから、評判の良い買い取り専門業者を探していました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、売却した額に満足している事に気がついたのです。

これまでは、近くの買い取り業者に、査定を受けるケースという感じでした。でもそれだと、提示された査定金額そのものが適正なのかどうか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、厳選された買い取り業者の中でも高額査定をしてくれた専門店に買い取りの依頼ができるといった手軽さがあります。そこで私も、車種やボディカラーなど入力して一括の査定を依頼してみたところ、思わず目が飛び出してしまうような査定額がつけられたので、ビックリというほかありません。直ぐに連絡を入れ交渉したところ、ネット査定額とほとんど同じで買い取ってもらえました。比較サイトを使ってなければ、そう思うだけで背筋がスッとするような感覚です。

私の場合、思ってもみなかったような高値で引き取ってもらったので最高です。いきなり売却するのには、抵抗感がある方もおられるでしょうから、まずは車買い取り相場を調べる感じでやってみると良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.