水没車を引き上げ作業中に起こった悲劇|軽を売ることになり

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらしてコストダウンを図るのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。買い取り査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいですよね。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

水没車を引き上げ作業中に起こった悲劇|面倒な手続きはほとんどやってくれるし

私の住んでいるところはかなりの山奥で、車買い取りだけをやられているショップはありません。買い取ってくれるのは、車のディーラーか中古車を販売しているお店です。

5年程度使った愛車を売却した時、手間もないので近くのお店で査定をお願いしました。しかし、大事に乗ってきた車なのに30万円という査定に愕然としました。

そのため、ネットを使って査定サイトで見積もりを出してもらったところ、思わぬ高値で買ってもらえました。複数業者の一括査定で出張査定を依頼することになったのは、どちらもネットやテレビCMで名前をよく聞く自動車買い取り店でした。そうそう休めないので、時間差をつけて査定に来てもらいました。

午後に来てくれた業者のスタッフが丁寧な応対ができる方で、今このカラーの車を探している人が多くいるそうで査定額も勉強しますと言ってくれたのです。買い取り額は40万オーバーで10万の差もあって、その業者さんに引き取ってもらおうとすぐに決断しました。その業者さんはとても段取りが良く、もう一人も出張して来たみたいでそのまま持って行ってもらいました。

手間がかかると勝手に考えていましたが、近場で済ますよりも手間がかかりません。なんといっても、面倒な手続きはほとんどやってくれるし、その上相場以上の価格で、ネットの査定サイトを活用してとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.