水没車 エンジン|手放す時というのはいずれきます

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費節減をするというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

水没車 エンジン|複数の査定業者とともに

就職先も決定したおかげで、親がクルマを買ってくれました。仕事に行くようになってからは、その車に乗って職場へ通勤していました。ところが本社へ転勤する事が決まり、クルマの処置をどうするかで考えていました。

地方であれば車は、持っていないと必ず困ります。一転交通網の発達している街中では、車が無くてもさして日常の生活には支障が出るとは思えません。車を所有すると駐車料金や維持管理まで考えると、金銭的な負担が重くなりそうなので思い切って売ってしまうことにしたのです。

自宅近くにあった、大手買い取り業者さんの店舗があったと思いだしたのでそちらに車を持って行って、査定見積もりをしてもらいました。結果驚くほど安い金額を聞かされ、ガッカリしてしまったのでそこでは売らずに、もっと高く買ってくれるところがないかを調べました。

すると比較サイトがある事を知り、早速見積もりを取ることにしました。車種や走行距離等を入力するだけで、複数の査定業者とともに査定額を出してくれます。一括で複数の業者に依頼できるので、時間や手間を掛けずにできるのは魅力です。そうして出た結果、一番の高値を提示してくれた買い取り業者さんがいましたので、そこへ売却する事にしました。

ネットで査定してもらって頂いた金額とは大幅な開きがあったので、査定比較サイトを活用して良かったです。交渉もできたので、思っていた以上の高額で売れることができました。クルマを売ることがあれば、査定サイトを使うことをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.