水没車 特徴|商品を見つけました

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分が薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に見えてしまいます。一応洗車をして査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響すると聞きました。

ならばとカーショップに行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、手軽に艶が出るような商品を見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。それを見た人からいくらかかったと聞かれたほどです。そこでもう一度査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどう出るかと思いましたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、今まで以上にピカピカにすることが出来たのが良かったようです。

自動車の買い取りを利用する前には、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、ワックスで磨いておくだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定額がアップすることと艶出しの為のグッズ代と手間を計算してみて、お得と感じたらやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

水没車 特徴|段取りはされていませんでした

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

しかし、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、半年少々で買い替えを考えました。家の近くの中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。これを計算すると、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く手放すことになったかもと思うと助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もしも売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと少し後悔しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.