阪和道 故障車|その査定額の差にビックリしました

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万くらい安くなっていたのです。これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで比べてみたところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。一番高値の専門業者に売却しようかと思ったのですが、このサイトには少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、確定の査定額が判るからです。ネット上で判る査定額は、参考的なものであり確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。

売却手続きまで含めて1時間位らしいので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、最高の査定額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る価格でしたが、76万円の業者がいたことを知らせてみたら、78万まで増額してくれたのです。

阪和道 故障車|一番の高値を提示してくれた

就職も決まったので、親がクルマを買ってくれました。大学を卒業してからは、その車に乗って職場へ通勤していました。ところが転勤することになったのですが、車をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

地方であれば車は、持っていないと必ず困ります。ですが交通もが優れている街中では、クルマを持っていなくてもさして生活に影響や支障はありません。さらに駐車場代や管理費まで考えると、お金的な負担が重くなりそうなのでこれをきっかけに売却して貰う事にしたのです。たまたま自宅の近くに、有名な買い取り専門店のチェーン店があったのでそこを訪れ、査定見積もりをしてもらいました。結果驚くほど安い金額がつけられ、思わず落胆してしまったのでその場では申し込まずに、他で高く買ってくれるところを探そうと思ったのです。

するとネットで査定できるようなので、早速見積もりを取ることにしました。年式や走行距離事故歴などを入力していくと、複数の買い取り専門店が査定額を算出してくれます。一括で複数の業者に依頼できるので、手間を大幅に節約出来るのも魅力的です。調べた結果、一番の高値を提示してくれた買い取り業者さんがいましたので、そこへ売ることにしました。複数業者に出張査定をしてもらって頂戴した金額は大幅な開きがあったので、比較サイトを利用してホント良かったです。交渉の甲斐もあって、期待以上の高値で買ってもらうことができました。自動車を売る場合があれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.