高速道路 故障車|もし本当に

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。ですが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で売ってしまうことになりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純計算では、半年で50万円も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円となり引き取っていただきました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売却するはめになった可能性があったのですから助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような考えではなかったようです。その為、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

高速道路 故障車|最高金額を

新型の登場とともに、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなっていたのです。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額にバラつきがあったのです。一番高値の専門業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。3社に見積もりを出す理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリとわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考的なものであり確定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

査定の時間は1時間もあればとのことでしたから、集中的に出来る日に査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位だった業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.