高速 故障車|見積もり査定をお願いしました

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ただ素人の私には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

高速 故障車|可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。ただそれは特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売った車も国産車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと考えると夢が膨らみます。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 廃車・事故車・水没車・故障車は買取で現金化! All rights reserved.